FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本と卵

03.30.2011 Comment:2
110324_1340~01

淡交社「香清話」の装幀したぴょん♪
アマゾンにもあったけど表紙の色が全然ちがう。。。
このblogの写真が一番近い。

京都っぽいはんなり感やあいまいな色香
あっさりしてるけど気になる人みたいな。。。
そんな柄にもないことを意識してみた。

私にとっての未知なる「香道」のイメージを
そのまま落とし込んだ感じ。

綴じた紙とがわの間を補強する
「はなぎれ」をはじめて指示した仕事。

お香の老舗「松栄堂」店主畑氏の本。
香道のお勉強&知識に役立つ一冊。

カバーMr.B/帯きらびき

110327_1402~01


大江の郷
鳥取から来た卵。
美味です。
濃い卵がいい卵と思っていたけど
すごくあっさりしてて
卵かけご飯するとやさしい香りが
ほんのり立ち上る。


まだ信じてる?
「濃い黄色の卵黄」
「指でつまめる卵」
これらはすべて合成化合添加物で
人が操作して作ったものです。
だまされないようにね♪

あと、スーパーでは
常温で置いてる卵の方が新鮮なのです。
家に帰ってからは冷蔵庫で保存。



松尾タクヤ展「軸ゑと音ゑ」4月個展案内】(←クリック)
スポンサーサイト

はなぎれ

02.28.2011 Comment:2
2356.jpg


今日の雨は春の嵐?

花切れ・端布・離布・花布?

本の背の所に咲く「花」の名前。

ハードカバーの装丁の仕事で初めて知った言葉。

綺麗な言葉やなぁ~。

英語ではヘッドバンドなんやて。

ちなみに見本帳は「はなぎれ」とひらがな表記。

ランダムBOOK

12.17.2010 Comment:3
101214_1232~01

先日白州正子の両性具有を読んだと書いたが
そのブログを見てタイムリーに能(大江能楽堂)に誘ってもらった♪
んが!用事で行けず。(涙)
そんなこんなでついついアマゾってしまった
「白州次郎と正子の食卓」正式レシピは皆無だけど
器と盛りつけと写真が素直ですんごくいい!!かっこいい食卓です。
同じものは買えずとも色々参考になります!


101214_1232~02

私は1人ご飯や定食屋とかTVが無かったら
本や雑誌を読みながら食べる人です。
ガリバー旅行記読みたくなります。案外軽妙でした。
でも、やっぱり食べながら読んだら具合悪いですな。

本の虫の次は「犬」その次は「豚」なそうな。
そんな本豚友達から貸し出された一冊。
(次はエロを貸し出してくれるらしいですw)


101214_1232~03

軽妙洒脱というか毒舌というか
真実を湾曲して美化された仮面を
がばがばはいでいく語り口にすっかり魅了されました。坂口安吾♪

岡山弁で「アホ」にこと「アンゴウ」といいます。
超有名作家だけど初読でした。

前出同じく本豚のマイミクことジョンとポールのジョン氏が
「まーとにかく、涙がちょちょ切れる柿本人麻呂の章は絶対に読んでもらいたい!」と
軽くミクシで叫んでおられたのでこれもアマゾりました。

マーケットプレイスで95円ですよ!!ったく!!
うれすぃ!!
しかも文庫本ですが初版でした。そして前持ち主も何かの書評で
知ったであろう「安吾が切る柿本人麻呂」目当てだった記述が残ってました。

たぶん当時からすごく話題になったのだと思われます。
面白かった♪天草四郎も「そうそう!!」なんてうなずいて楽しめました。


101214_1233~01

スカトロと一緒に借りた「おおひなたごう」
フランス文学研究者とおおひなたごう
あ。全然関係ないです。
だけど、なんかすごくアリなんです。

おおひなたごうさんお子さんが保育園。おめでとうございます。
おとーさんあんまり無茶できませんな。
っつーか「してませんな!」w

キャラ豊かな可愛いドリル園児達が
世の中にはびこる大人も気がつかない「ゆゆしき問題」に果敢に挑む!

かわいくて面白かったです。キャラや台詞、普通にツボでした。


なんか12月いい読み物に恵まれたにゃ~~♪

あっ。ブロス読者にはおなじみのおおひなたごうは漫画です。


白州正子と師走

12.03.2010 Comment:2
ありがたいことに結構バタバタ
仕事納めは27日になりそう。

白州正子「両性具有の美」をぼちぼち読む。

単発的に手にする白州正子やけど
なんだか冬が似合う。
彼女の枯れた好みがそうさせるのか
よくわからんけど冬になると手に取るのが常。

アマゾンしてみたら「白洲次郎・正子の食卓」こんな本が!
食い意地が張っている私としては
是非読んでみたい。
簡単なものなら真似したい。
使っている器とかしぶいんやろなぁ~
読む前から妄想広がる。

両性具有の美は能にも枕草子にも明るくないので
はっきりいってちんぷんかんぷんなのだけど
両性具有と同性愛とノーマルと精神と肉体と
なんらかのけじめやそれらをからめとる「美」の
際をうっすらと感じ取ることは出来る。

そのもやっとした湿度が心地よい。

よーわからへんけど言葉が心地良いから
何度でも手にとってしまうんやろな。

白州正子のような人の存在がまぼろしのようだ。

覚書

10.29.2010 Comment:0
斎藤環(さいとうたまき)表象精神病理
 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。