FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖かくなる前に…美しくも残酷な日本語 備忘録

03.31.2011 Comment:0
311以降「備忘録」が多い。
「原発備忘録」も作った。
netで私のところまで
たどり着いた情報は残しておきたいと思ったから。



3月も終わり。寒い。寒いというてたら

「「比良の八講荒れじまい」昨日知りました。」

っとメールにあり
私はそのメールでその言葉を知った次第。

ぴったり大荒れ!むっちゃ寒い!(3/26)

そんな話を叔父にしたら
「彼岸の小鳥殺し」というのがあるらしい。

日差しに誘われうっかり
出てきた小鳥(雛鳥)をも
死なせてしまう春の彼岸の寒さの事。

叔父曰く
京都では使うで~~w

小鳥殺しって。。。。(汗)

残酷なたとえが京都っぽいよーな。

そんなやり取りしてたら

小鳥つながりで、、、とメールが
「小鳥遊」さんて苗字の読み方、
「タカナシ(鷹無し)」さんだそうですよ。

とまたまた教えてもらった。

小鳥遊さんという苗字だけでもすごいけど
呼び名がすごい。そんで面白い。

略したりはしょったり色んな言葉が
これからも生まれていったらいい。
でも面白い言葉風流な言葉は
忘れないよーにしよ~~っと。

そういえば先日の歌舞伎で
「その手は桑名の焼きはまぐり」を
リアルに台詞で聞いたとき(市川右近)
軽くめまいを覚える程
「おお~~~!!」と心の中で歓声を上げてしまったよ♪



松尾タクヤ展「軸ゑと音ゑ」4月個展案内】(←クリック)
スポンサーサイト
 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。